• ホーム
  • 国内未承認のアイピルを手に入れるには個人輸入という選択肢があります

国内未承認のアイピルを手に入れるには個人輸入という選択肢があります

2020年05月29日
心配している女性

日本国内で厚生労働省の承認を受けているアフターピルは、ノルレボという商品名の薬が主流です。コンドームなどの避妊に失敗した時に72時間以内に服用することで、かなりの確率で妊娠成立を阻止することが可能で、特に原因となっている性行為の後24時間以内に服用することで90%を超える確率で避妊することができます。ノルレボは黄体ホルモン類似成分を配合しており、成熟乱視の排卵と受精卵の着床阻害効果で妊娠を回避する効果を有しているわけです。

ノルレボを入手するには、還俗として産婦人科の診療科目をかかげている病院やレディースクリニックなどの医療機関を受診し、処方箋をだしてもらって処方薬局で購入する必要があります。しかしアフターピルはあくまで妊娠成立を阻止することを目的にしており、指間の治療目的で投与されるというわけではありません。そのため公的医療保険の適用を受けることは出来ないので、検査料やカウンセリング料などをふくめて全額自己負担になります。相場的にもアフタピルを医療機関で処方してもらうには1万円から2万円程度の出費が必要です。

しかし避妊を失敗した事実は、医師などの専門家を前にしても口にするのに抵抗感を抱く向きは少なくありません。また同居の家族などにアフターピル使用を知られたくない心理もあるでしょう。そこでオススメなのは、ノルレボのジェネリック医薬品のアイピルを個人輸入代行サイトから通販で購入するという方法です。アイピルは日本国内では厚生労働省の承認を得ていないので、医療機関を通じても入手することできません。

しかしながらアイピルの避妊効果のパフォーマンスの良さは、世界各国で広く認識されているもので、アフターピルのなかでも高い人気を得ています。国内未承認という言葉を前にすると不安を抱く方があるかもしれません。ただすでに海外では安全性も有効性もエビデンスをもとに証明されているのに、煩雑な承認手続きが壁になって承認が日本国内だけで得られていない薬は数多く存在しています。アイピルはノルレポのジェネリック医薬品の位置づけであることから薬価が低く、リーズナブルな価格で入手することができるだけでなく、すでに世界各国で優れた避妊効果が認められています。とはいえ個人輸入代行サイトを利用すると、迅速に入手するのが難しい場合もあります。そこで即日対応してくれるサイトを利用したり、避妊失敗に備えて個人輸入しておき、常備薬のひとつに加えておくのがオススメです。