• ホーム
  • いざという時に困らないためには?良いアフターピルを通販で購入する際の注意点

いざという時に困らないためには?良いアフターピルを通販で購入する際の注意点

2020年04月24日
微笑んでいる女性

低用量ピルを服用している場合には、飲み忘れが無い限りほぼ100%の確率で妊娠を回避することができます。これに対してコンドームなどの物理的に精子の子宮内部への移行を予防する避妊法を採用していると、失敗するリスクを抱えています。コンドームは素材がゴムであるだけに、保管方法が不適切だと劣化して破損するリスクがあり、性行為の途中にずれてしまって誤って精子が子宮内部に入ってしまう可能性は決して低くはありません。このような事態に備えてアフターピルを服用するわけですが、タイミングが遅れると妊娠回避率が低下していきます。

仮に手元にアフターピルを用意できていない場合は、改めて産婦人科を受診して薬を処方してもらう必要があります。しかし仮に週末や連休日に避妊を失敗したようなシチュエーションを想定すると、アフターピル服用のタイムリミットである72時間を経過する可能性があります。また確実な避妊効果を希望するなら、出来る限り迅速に服用することが必要になります。コンドームで避妊を実践している場合には、失敗した場合に備えて、必要な時にすぐさま服用できるように、アフターピルを常備薬のひとつに加えておけば安心です。

このようなニーズに対応するのが、各種の薬の個人輸入通販サイトを利用すると言う選択肢です。アフターピルは処方箋を入手して初めて購入することができるので、一般のドラッグストアやウエブショップでは購入することができません。あくまで医師の診断のもとで処方箋と引き換えに購入すると言うのが、日本国内における医療用医薬品の入手方法の原則だからです。

ところが自己責任を前提に営利目的ではなく、自己使用目的であれば個人輸入で海外の医薬品を購入することは法律上許容されています。しかし一般の方が個人輸入を実践しようとすれば、輸出国の税関当局に現地語で作成した書類を用意することが必要で、非常に煩雑です。この点、個人輸入の通販代行サイトを利用すれば、一連の面倒な個人輸入手続きの手間をすべて、お任せできます。海外の医薬品を個人使用目的で購入する以上、医療機関から処方箋を交付してもらう必要もありません。

個人輸入代行通販サイトを利用すれば、必要な効能をもつ医療用医薬品も常備薬のストックに備えておくことができるので、アフターピルのように緊急性の高い薬も事前に準備しておくことが叶います。コンドームによる避妊法は、一定程度の失敗のリスクがあるので、アフターピルを常備しておく必要性が高いと言えるでしょう。